積善 せきぜん」
第十八回 信州の酒蔵を巡る会  長野市  西飯田 酒造店
    

創業は江戸末期、善光寺平に流れる犀川近くに蔵はあります。
冬の冷え込みが激しく犀川の伏流水があるこの地にはいくつかの酒蔵がある場所でもあります。
「花酵母」
積善は長野県内唯一花酵母を使用し犀川の伏流水で醸されております。
花酵母とは、文字の通り花由来の酵母です。
 
〔東農大花酵母研究会ホームページより参照〕
一般に、お酒造りに広く使用されている酵母は、酒のもろみから分離されてきました。
また、近年、これらの酵母を人工的に変化(変異株の造成)させて特定の醸造能力を高めた酵母も多く利用されています。東京農業大学短期大学部醸造学科酒類学研究室では、無限の可能性を秘めた自然界に着目し、個性豊かで特徴ある酵母を分離することを試みました。
その結果、自然界に咲く花々から様々な香味を醸し出す優良酵母を分離することに成功しました。
まさに、花からの贈り物というべき天然の酵母です。

今回は全国でも約30蔵しか使用していない花酵母にチャレンジし銘酒を造り出している長野県内でも有数の若き杜氏西飯田酒造店の飯田一基さまにお越し頂き【積善】に込めた思いや酒造り・花酵母に関するこだわりをお話いただきながらお酒とお料理をお楽しみください。
 

 
 

株式会社 西飯田酒造店
〒381-2235 長野県長野市篠ノ井
小松原1726番地
電話:026-292-2047
FAX:026-292-8168
e-mail nishiida@mx2.avis.ne.jp

開催要項

信州の酒蔵を巡る会とは…
信州にある80軒以上ある酒蔵の中から、毎回1軒を選び、その酒蔵より蔵人の方をお招きし、お酒の魅力をお聞きしながらお酒と料理を楽しむ会です。
 
場所 白馬サンバレーホテル
日時 平成30年10月31日(水)
   18時30分(午後6時30分)より
会費 6,000円 (お料理・酒代込み)

事前予約制です。 
白馬村内の方は送迎致します。

 
予約・お問い合わせは
電話 0261(75)3948 まで


信州の酒蔵を巡る会
過去のイベント概要がご覧頂けます。
第1回「豊香」(岡谷市豊島屋)
第2回「幻舞」(長野市酒千蔵野)
第3回「十九」(信州新町尾澤酒造場)
第4回「明鏡止水」(佐久市大澤酒造)
第5回「北光正宗」(飯山市角口酒造店)
第6回「くろさわ」(佐久穂町黒澤酒造店)
第7回「翠露」(諏訪市・舞姫酒造)
第8回「澤の花」(佐久市・伴野酒造)
第9回「黒松仙醸こんな夜に」(伊那市・仙醸)
第10回「十六代 九郎右衛門」
(木曽郡木祖村・(株)湯川酒造店)
第11回「亀齢」(上田市・岡崎酒造店)
第12回「夜明け前」(上伊那郡辰野町・小野酒造店)
第13回「和和和」(佐久市・古屋酒造店)
第14回「互GO」(上田市沓掛酒造)
第15回「大信州」(松本市・大信州酒造)
第16回「亀の海」(佐久市・土屋酒造店)
第17回「勢正宗」(中野市・丸世酒造店)
詳しくはコチラ